日本非核宣言自治体協議会  
 
 
宣言文(鳥取県/市)
 
 

鳥取市
非核平和都市宣言

真の恒久平和は、人類共通の願望である。
しかるに近年、世界において軍備の拡張は依然として続けられ、世界平和に深刻な脅威をもたらしていることは、全人類のひとしく憂えるところである。
わが国は世界唯一の核被爆国として、また平和憲法の精神からも、再びあの広島、長崎の惨禍を絶対に繰り返させてはならない。
さらに、日本国憲法に掲げられた恒久平和主義の理念を市民生活の中に生かし、継承させていくことが地方自治の基本条件の一つであると考える。
したがって、非核三原則(作らす、持たず、持ち込ませず)が完全に実施されることを願いつつ、あらゆる国のあらゆる核兵器のわが鳥取市への搬入、貯蔵、配備、空中輸送及び核部隊の通過を拒否するとともに、核兵器の廃絶を全世界に向かって訴える。
右、宣言する。

  昭和58年3月28日
  鳥取市
 
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved