日本非核宣言自治体協議会  
 
 

宣言文(東京都/区)


港区

港区平和都市宣言

かけがえのない美しい地球を守り、世界の恒久平和を願う人々の心は一つであり、いつまでも変わることはありません。

私たちも真の平和を望みながら、文化や伝統を守り、生きがいに満ちたまちづくりに努めています。

このふれあいのある郷土、美しい大地をこれから生まれ育つこどもたちに伝えることは私たちの努めです。

私たちは、我が国が『非核三原則』を堅持することを求めるとともに、ここに広く核兵器の廃絶を訴え、心からの平和の願いをこめて港区が平和都市であることを宣言します。

昭和60年8月15日
港区

目黒区

目黒区平和都市宣言

かつて人びとは、戦火に包まれ悲しい歴史の1ページをつくった。

時は移り、
今、平和の尊さをしみじみと思う。

青い空、緑の木々。
街には明るいあいさつがかわされ、
人びとの顔にほほえみが浮かぶ。

この幸せを再び失ってはならない。

わたくしたちは、
地球のすべての人びととともに永遠の平和を築くよう努力する。

この誓いをこめて、目黒区は平和憲法を擁護し、核兵器のない平和都市であることを宣言する。

昭和60年5月3日
目黒区

杉並区

杉並区平和都市宣言

世界の恒久平和は、人類共通の願いである。

いま、私たちの手にある平和ゆえの幸せを永遠に希求し、次の世代に伝えよう。

ここに杉並区は、核兵器のなくなることを願い、平和都市を宣言する。

昭和63年3月30日
杉並区

豊島区

非核都市宣言

世界の恒久平和は、人類共通の願いである。しかし、核軍拡競争は激化の一途をたどっている。われわれは、人類唯一の被爆国民として、平和憲法の精神に沿って核兵器の全面禁止と軍縮の推進について積極的な役割を果すべきである。

よって、豊島区及び豊島区民は、わが日本の国是である「非核三原則(造らず、持たず、持ち込ませず)」が無視され、われわれの海や大地に核兵器が持ちこまれることを懸念し、わが豊島区内の区域内にいかなる国の、いかなる核兵器も配備、貯蔵はもとより、飛来、通過することをも拒否する。

豊島区及び豊島区民は、さらに他の自治体とも協力し、核兵器完全禁止、軍縮、全世界の非核武装化にむけて努力する。

昭和57年7月2日
豊島区

練馬区

非核都市練馬区宣言

世界の恒久平和は、人類共通の願いである。しかし、近年、核軍拡競争は、激化し、世界平和に深刻な脅威をもたらしている。

われわれは、世界最初の被爆国民として、平和憲法の精神に沿って、核兵器の全面禁止と軍縮の推進について積極的な役割を果たすべきである。

わが練馬区及び練馬区民は、日本国憲法に掲げられた恒久平和の理念を生かし、また、日本の国是である非核三原則(造らず、持たず、持ち込ませず)が完全に実施されることを願い、わが練馬区の区域内に、いかなる国のいかなる核兵器も製造、配備、貯蔵することはもとより、飛来、通過することをも拒否する。

練馬区及び練馬区民は、さらに他の自治体とも協力し、核兵器の廃絶と軍縮にむけて努力することを宣言する。

昭和58年10月3日
練馬区

新宿区

新宿区平和都市宣言

世界の恒久平和は、人類共通の願いである。

私たちは、世界で唯一の核被爆国民として、自らも戦火を受けた都市の住民として、戦争の惨禍を人々に訴えるとともに、永遠の平和を築き、この緑の地球を、次の世代に引き継ぐ責務がある。

国際平和年にあたり、私たちは、人類の生存に深刻な脅威をもたらす、すべての国の核兵器の廃絶を全世界に訴え、世界の恒久平和の実現を心から希求し、ここに新宿区が、平和都市であることを宣言する。

1986年3月15日
新宿区

板橋区

板橋区平和都市宣言に関する決議

世界の恒久平和を実現することは、人類共通の願いである。

しかるに、現実は、核軍拡競争が激化の様相を示し、人類の滅亡さえ危惧されるところである。

われわれは世界で唯一の核被爆国民として、また日本国憲法の精神からも再び広島、長崎の惨禍を絶対繰り返してはならないことを強く全世界の人々に訴え、世界平和実現のために、積極的な役割を果たさなければならない。

板橋区及び板橋区民は、憲法に高く掲げられた恒久平和主義の理念に基づき緑豊かな文化的まちづくりを目指すとともに、非核三原則を堅持し、核兵器の廃絶を全世界に訴え平和都市となることを宣言する。

右、決議する。

1985年1月1日
板橋区
 
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved