日本非核宣言自治体協議会  
 
 
宣言文(徳島県/町)
 
 

牟岐町
非核平和の町宣言に関する決議

 核兵器に対する世界的な危機意識を反映して、町民の平和を願う気持と運動は日々高まっている。
 しかし、核軍備の拡張が依然として行われ、人類生存への恐怖となっている今日、世界唯一の核被爆国として再び広島、長崎の惨禍を繰り返してはならない。
 牟岐町では、核兵器の完全禁止のためあらゆる努力をし、町民が核の恐怖に侵されないよう、平和のために貢献する決意を表明し、非核平和の町となることを宣言する。

  1982年9月24日
  牟岐町

板野町
板野町非核平和の町宣言に関する決議

地球の平和と日本の安全を実現することは、人類の共通の願いである。しかしながら最近の核軍備の拡張は、依然として行われ人類の生存への恐怖となっている。
我が国は世界唯一の核被爆国として、全世界の人々に再び広島、長崎の惨禍を繰り返させてはならない。
さらに核兵器廃絶のため、あらゆる核兵器の全面禁止に努力し、板野町住民が核の恐怖におびやかされないよう平和のために貢献する決意を表明し、ここに非核平和の町となることを宣言する。
以上決議する。

  昭和60年6月28日
  板野町議会
 
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved