日本非核宣言自治体協議会  
 
 
宣言文(岡山県/市)
 
 

岡山市
平和都市宣言

 真の恒久平和を実現することは、戦災で多くの尊い人命を失い、街を焦土と化した岡山市民のみならず、人類共通の念願である。
 しかるに、核軍備の拡張は、依然として行われ、世界の平和と安全、人類の生存に深刻な脅威をもたらしている。
 我が国は、世界唯一の核被爆国として、核兵器の廃絶を世界の人々に強く訴え、この地球上に広島、長崎の惨禍を再び繰り返させてはならない。
 岡山市民は、日本国憲法の恒久平和の理念に基づき、すべての国のあらゆる核兵器が完全に廃絶されることを願い、平和で幸せな岡山市を築くため、不断の努力を続けることを誓い、ここに岡山市は平和都市を宣言する。

  1985年6月25日
  岡山市

真庭市
真庭市非核平和都市宣言

 美しい自然と平和を愛する心は、私たち人類の共通の願いである。
 しかし、いまなお世界の各地では、武力による紛争が絶えず、一方核軍備の拡張は一段と激化し、世界の平和と安全、人類の生存に深刻な脅威をもたらしている。
 わたしたちは、世界でただ一の被爆国の国民として、核兵器の恐ろしさと被爆の苦しみを深くかみしめ、全世界の人々にその廃絶を強く訴えつづけ、人類が平和に暮らせる世界が実現されることを求める。
 真庭市民は、憲法に掲げられた恒久平和主義の理念に基づき、非核三原則を堅持し、すべての国の核兵器の廃絶と軍縮を願い、平和で豊かな真庭市を築くため、不断の努力を続けることを誓い、ここに真庭市は、非核平和都市を宣言する。

  平成19年3月26日
  真庭市
 
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved