日本非核宣言自治体協議会  
 
 
宣言文(奈良県/町)
 
 

広陵町
広陵町非核兵器平和宣言

 真の恒久平和と安全は人類共通の願望である。
  しかるに、核兵器は高度・多様化され、核軍備拡張は依然として続けられ、人類が平和のうちに生存する条件を根本からおびやかす段階に至っている。世界の各地で武力紛争が絶え間なく地域核戦争への脅威がせまっている。わが国は人類最初で唯一の原爆被災国であり、核戦争が人類を破滅させ得るものであることを身をもって体験した。
  平和と国際協調を理念とした平和憲法の精神からも、核兵器の全面廃絶は全人類の死活にかかわる重要な緊急の課題である。
  人類が共存し、その一人ひとりが命の尊厳を保って、人間らしく生活できる真の平和実現を願って、わが広陵町は平和行政を積極的に推進し、核兵器廃絶の世論を喚起するため、ここに議会の議決をもって平和宣言する。

  1985年12月18日
  広陵町議会
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved