日本非核宣言自治体協議会  
 
 
宣言文(長崎県/市)
 
 

長崎市
長崎市民平和憲章

私たちのまち長崎は、古くから海外文化の窓口として発展し、諸外国との交流を通じて豊かな文化をはぐくんできました。
第二次世界大戦の末期、昭和20年(1945年)8月9日、長崎は原子爆弾によって大きな被害を受けました。私たちは、過去の戦争を深く反省し、原爆被爆の悲惨さと、今なお続く被爆者の苦しみを忘れることなく、長崎を最後の被爆地にしなければなりません。
世界の恒久平和は、人類共通の願いです。
私たち長崎市民は、日本国憲法に掲げられた平和希求の精神に基づき、民主主義と平和で安全な市民生活を守り、世界平和実現のために努力することを誓い、長崎市制施行百周年に当たり、ここに長崎市民平和憲章を定めます。

1.
私たちは、お互いの人権を尊重し、差別のない思いやりにあふれた明るい社会づくりに努めます。
1.
私たちは、次代を担う子供たちに、戦争の恐ろしさを原爆被爆の体験とともに語り伝え、平和に関する教育の充実に努めます。
1.
私たちは、国際文化都市として世界の人々との交流を深めながら、国連並びに世界の各都市と連帯して人類の繁栄と福祉の向上に努めます。
1.
私たちは、核兵器をつくらす、持たず、持ちこませずの非核三原則を守り、国に対してもこの原則の厳守を求め、世界の平和・軍縮の推進に努めます。
1.
私たちは、原爆被爆都市の使命として、核兵器の脅威を世界に訴え、世界の人々と力を合わせて核兵器の廃絶に努めます。
私たち長崎市民は、この憲章の理念達成のため、平和施策を実践することを決意し、これを国の内外に向けて宣言します。
  平成元年3月27日
  長崎市議会

島原市
島原市非核平和都市宣言
〜世界の恒久平和と緑豊かな郷土づくりを目指して〜

世界の恒久平和と美しく豊かな地球を守ることは人類共通の願いであり、平和で住みよい緑豊かな郷土を築き、子々孫々に引き継いでいくことが私たち島原市民に課せられた責務である。
島原市民は、雲仙、普賢岳の198年ぶりの噴火活動による近代史上類を見ない長期かつ甚大な災害の中で、自然との共生こそが復興の証であることを誓い合った。
世界はいま、経済活動の拡大と科学技術の発達に伴い、人類に豊かさと利便さをもたらした反面、軍備の拡張と核実験の続行等により、戦争と核兵器への脅威や生態系の破壊など、重大な社会問題と地球環境の危機に直面している。
我が国は唯一の被爆国であり、二度と長崎、広島のような惨禍を繰り返させてはならない。
私たち島原市民は、戦後50周年にあたり、先の大戦を深く反省し、平和憲法の精神に則り「非核三原則」を厳守し、核兵器のすみやかな廃絶と軍縮を推進させ、世界の恒久平和と地球環境の保全とを願い、ここに「非核平和都市」を宣言する。

実践目標
1.
戦争と核兵器の脅威を伝え、平和に関する教育の充実に努める。
1.
人権を尊重し、差別のない平和な社会を創ることに努める。
1.
自然を大切にし、調和ある生活環境を創ることに努める。
  平成7年12月21日
  島原市

諫早市
平和都市諫早宣言
〜輝く未来 いのちのために〜

わたしの願い
それは家族の幸せ 友の笑顔
みんなと生きる 楽しく生きる
そのために 世界を平和にしよう
争いを 核兵器をなくそう

永遠の平和
それはみんなの願い 地球の願い
輝く未来 つながるいのち
そのために わたしからがんばろう
友とちからを合わせよう

いま このまちからはじめよう
被爆地長崎のかなしみを忘れずに
優しいこころ 尊いいのち
ひとが輝く諫早市
わたしたちは 非核と平和の都市を宣言します

  平成17年9月29日
  諫早市

大村市
非核、平和都市宣言

世界の恒久平和を守り、この美しく豊かな地球を子孫に引き継ぐことは、人類共通の願望であり、明るく平和で安全な郷土を築くことが、私たち大村市民に課せられた責務である。
しかし、現在もなお核、軍備の拡張は依然として続けられ、世界の平和と人類の生存に大きな脅威をもたらしています。
わが国は唯一の被爆国であり、日本国憲法の精神からも広島、長崎の惨禍を絶対に繰り返させてはなりません。
私たち大村市民は、持たず、作らず、持ち込ませずの非核三原則の厳守に努め、核兵器のすみやかな廃絶と恒久平和を世界の人々に強く訴え、戦後50周年にあたり、ここに「非核、平和都市大村」を宣言します。

  平成7年8月15日
  長崎県大村

平戸市
「非核・平和都市 平戸」宣言

 世界の恒久平和を守り、この美しい豊かな地球を子孫に引き継ぐことは、人類共通の願望であり、明るく平和で安全な郷土を築くことが、私たち平戸市民に課せられた責務であります。
 しかしながら、今なお、世界各地では紛争や戦争が繰り返され、また、核実験を強行する国々が絶えないなど、世界の平和と人類の生存及び地球環境保全に大きな脅威をもたらしています。
 我が国は、世界唯一の核被爆国であり、また、被爆の惨禍を体験した長崎県民として、日本国憲法の精神からも人類を破滅に導く核兵器の廃絶と平和の尊さを訴え、世界の恒久平和の実現を望むものであります。
 私たちは、新「平戸市」誕生を機に、核兵器の速やかな廃絶と恒久平和を願うすべての人々と相い携えて行動することを決意し、ここに「非核・平和都市 平戸」を宣言します。

  平成18年6月20日
  平戸市

松浦市
松浦市非核平和宣言

 豊かで美しい自然に囲まれた松浦市に住む私たち松浦市民は、明るく平和で安全な暮らしが永遠の願いです。
 しかしながら、世界の核兵器をめぐる情勢は、世界の平和と親類の生存に大きな脅威と不安を与えています。
 とりわけ、我が国は世界唯一の被爆国であり、被爆地長崎、広島の惨禍を二度と繰り返してはなりません。
 私たちは、松浦市誕生を機に、世界恒久平和の実現を目指し、人類を破滅に導く核兵器の廃絶を強く求め、ここに「非核平和の都市」を宣言します。

  平成18年6月21日
  松浦市

五島市
五島市「非核、平和都市」宣言
〜核兵器の廃絶と恒久平和を願って〜

 私たちの五島市は、豊かで美しい自然に育まれて発展してきました。今、その恩恵を受けながら生きる者として、このかけがえのないしまの豊かな自然を、平和で美しいままに後世に引き継ぐことは、私たちに課せられた大切な責務であります。
 しかしながら、今なお、世界各地では紛争や戦争が繰り返され、また、核実験を強行する国々が絶えないなど、世界の平和と人類の生存、及び地球環境保全に大きな脅威をもたらしています。 
 ことに、我が国は、世界唯一の核被爆国として、しかも被爆地長崎の惨禍を体験した長崎県民として、人類を破滅に導く核兵器の廃絶と平和の尊さを訴え、世界の恒久平和の実現を希求することは、すべての市民の願いであります。
 私たちは、五島市誕生を機に、核兵器の廃絶と平和を願うすべての人々と相携えて行動することを決意し、ここに「非核、平和都市」を宣言します。

  平成16年10月19日
  五島市議会


提案理由
 世界の恒久平和は、人類共通の願いであり、旧福江市、旧富江町、旧玉之浦町、旧三井楽町、旧岐宿町及び旧奈留町においては、平和都市(町)宣言を行い、議会の議決を得ている。
五島市発足に伴い、旧一市五町が行った平和宣言は効力を失うことから、平和への願いを引き継ぎ、新たに「非核、平和都市」宣言を行う必要があるため。


西海市
西海市自由と平和のまち宣言

終戦から60年。現在私たちは、平和で豊かな生活と自由を享受しています。
しかし、世界に目を向けると、絶え間ない戦争や紛争により、多くの人々が、貧困や飢餓、人権の抑圧にさいなまれています。
私たちの住むこの国も、終戦までの一時期は、同様に貧しく自由のない社会であったことを忘れてはなりません。
私たちには、この豊かな郷土と平穏な生活を、次代に引き継ぐ義務があります。
そして、被爆県長崎の一員として、地球上から戦争や紛争が無くなり全ての人々が自由と平和を享受できる世界の実現に、努めなければなりません。
今ここに、世界の恒久平和と核兵器廃絶を願い、自由と平和のまち宣言を行ないます。

  平成17年10月7日
  西海市

雲仙市
『非核・平和都市』宣言〜世界の平和を願って〜
 世界恒久平和は、人類共通の念願であります。
 美しい自然に囲まれた郷土と、明るく平和で安全な郷土を後世に引き継ぐことが、私たち雲仙市民に課せられた最大の責務であります。
 しかしながら、この地球上で今なお世界の各地では戦争や紛争が繰り返され、また、核廃絶を願う世界の人々の声の高まりの中にもかかわらず、依然として核実験が続けられており、世界平和に深刻な脅威をもたらしていることは、全人類の等しく憂えるところであります。
 わが国は世界唯一の被爆国であり、日本国憲法の精神からも二度と被爆地長崎、広島の惨禍を絶対に繰り返させてはなりません。
 世界の人々が等しく自由、安全、平和を切望している今日、対話と協調の重要性を確認しあい、核兵器の速やかな廃絶と紛争、戦争のない平和の実現を強く望むものであります。
 ここに、全人類の自由と幸せ、世界の恒久平和実現をめざし「非核・平和都市」を宣言します。

 以上決議する
  平成18年6月22日
  長崎県雲仙市議会

南島原市
平和都市南島原市宣言

 美しい自然、豊かな文化に恵まれた郷土と、平和な地球を守り、子孫に引き継ぐことは、今を生きる私たちに課せられた最大の責務です。
 しかしながら、この世界は、今なお戦争や紛争、飢餓、地球的規模で進む環境破壊など多くの課題に直面しています。
 特に、わが国は世界唯一の被爆国であり、被爆を体験した長崎県民として、人類を破滅に導くあらゆる核兵器の存在に脅威を持ち続けています。
 世界の人々が平和を願ってやまない今日、対話と協調の重要性を確認し、核兵器の一日も早い廃絶と、戦争や紛争のない平和な世界の実現を強く望みます。
 ここに、私たち南島原市民は、美しい地球の永遠なることを願い、全人類の自由と幸福並びに世界の恒久平和をめざして、非核と平和の都市を宣言します。

  平成18年7月20日
  南島原市

壱岐市
「非核・平和の都市」宣言に関する決議

 世界の恒久平和は、人類共通の願望である。  現在、未来を通じて平和で安全な都市づくりを念願する私たち市民は、平和で安全な郷土を築き、子孫に引き継ぐことが今を生きる私たちに課せられた最大の責務である。
 特に長崎県民は被爆体験をし、核兵器の存在に重大な関心を有している。
 世界が対決の時代から協調の時代へと移行している今日、世界平和と人類の恒久的な安全・生存を保持するためにも『持たず、作らず、持ち込ませず』の非核三原則の厳守に努め、核兵器のすみやかな廃絶と、紛争と戦争のない世界の実現を強く望むものである。
 よって壱岐市は、この理念達成のため、誇りと責任をもってここに「非核・平和都市壱岐」を宣言する。

 以上決議する。

  平成16年6月30日
  壱岐市議会

対馬市
「非核・平和都市 対馬」

 美しい自然、豊かな文化に恵まれた郷土と、平和な地球を守り、子孫に引き継ぐことは、今を生きる私たちに課せられた最大の責務であります。  しかしながら、現在も核・軍備の拡張は依然として続けられ、世界の平和と人類の生存に大きな脅威をもたらしています。
 私たちの住む長崎県は、人類史上初の被爆経験をもつ被爆県であり、人類を破滅に導くあらゆる核兵器の廃絶と平和の尊さを全世界に訴え続け、再びこの悲劇を繰り返してはなりません。
 私たち対馬市民は、平和憲法の精神にのっとり「非核三原則」を遵守し、全人類の自由と幸福、世界の恒久平和の実現をめざし、ここに「非核・平和都市 対馬」を宣言します。

  平成16年4月30日
  対馬市議会
 
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved