日本非核宣言自治体協議会  
 
 
宣言文(長野県/市)
 
 

松本市
平和都市宣言

世界の恒久平和は人類共通の願いである。
われわれは、平和を愛するすべての人々とともに、核兵器の廃絶と戦争のない明るい住みよいあすの郷土を願い、ここに「平和都市」の宣言をする。

  昭和61年9月25日
  松本市

伊那市
非核平和都市宣言に関する決議

 世界の恒久平和は、人類共通の願いである。
 しかし、この願いに反して、世界には人類の生存に大きな脅威を与える核兵器が多く存在し、また、今なお世界各地で武装紛争、テロ行為が絶え間なく続き、人類の平和が脅かされている。
 わが国は世界唯一の核被爆国として、また、平和憲法の精神からも、核兵器の廃絶をはじめ、非核三原則を厳守し、軍備縮小の推進に積極的な役割を果たすべきである。
 よって、本市は平和で住みよい世界を願い、ここに伊那市を「非核平和都市」とすることを宣言する。
 以上、決議する。

  平成18年9月21日
  伊那市
 
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved