日本非核宣言自治体協議会  
 
 
宣言文(三重県/市)
 
 

四日市市
非核平和都市宣言について

世界で唯一の核被爆国である我が国にとって、核兵器の廃絶は、国民共通の願望である。
しかしながら、核戦争の危機は依然として存在し、人類の生存に重大な脅威を与えている。
憲法において、永久に戦争を放棄した私たちは、人類が再び同じ過ちを繰り返さないようできる限りの努力をしなければならない。
かけがえのない地球の平和と我が国の美しい自然を守るため、私たち四日市市民は、非核三原則を堅持し、すべての核兵器がこの地球上から廃絶される日が来ることを切望して、ここに非核平和都市となることを宣言する。

  昭和60年3月25日
  四日市市

伊勢市
伊勢市非核平和都市宣言

 世界の恒久平和は、人類共通の願いです。
 私たちは、世界で唯一の核被爆国民として、また、日本国憲法の精神に基づき、核兵器の廃絶と軍備縮小を全世界に訴えるとともに、「持たず、作らず、持ち込ませず」の非核三原則が完全に実施されることを希求し、市民の平和と幸福を願い、ここに「非核平和都市」を宣言します。

  平成18年7月11日
  伊勢市

松阪市
非核平和都市宣言

世界の恒久平和は、人類共通の願いであります。
しかしながら、現に核兵器が存在し、人類の生存に脅威と不安を与えています。
私たちは、日本国憲法の理念のもと、国是である非核三原則を遵守し、世界唯一の核被爆国民としてすべての戦争を否定し、この地上からあらゆる核兵器の廃絶と戦争の根絶を訴えるものであります。
松阪市は、戦争の悲惨さと平和の尊さを広く訴え、恒久平和の実現に向かって、ここに「非核平和都市」を宣言します。

  平成17年12月22日
  松阪市

鈴鹿市
非核平和都市宣言

世界の恒久平和は、人類共通の願いであるにもかかわらず、核戦争の危機は、依然として存在し、人類の生存に大きな脅威を与えている。
われわれは、世界で唯一の核被爆国民として、また、永久に戦争の放棄を誓った国民として「作らず、持たず、持ち込ませず」の非核三原則が平和を愛するすべての国の原則となり、核兵器が地球上から廃絶されることを希求して、ここに、非核平和都市となることを宣言する。

  昭和60年7月1日
  鈴鹿市

津市
非核・平和都市宣言

世界の恒久平和と人類の安全は、全世界共通の願いであります。

人類史上、核兵器による初めての惨禍を体験した我が国は、国を挙げてその悲惨な経験に基づく教訓を世界各国に訴え続けてきています。

しかしながら、世界では今なお戦争や紛争等が絶えず、核兵器の廃絶もいまだ実現されていません。

よって、私たち津市民は、非核三原則を遵守し、核兵器の廃絶と軍備の縮小を全世界に強く訴えるとともに、世界の恒久平和と人類の安全を願い、ここに「非核・平和都市」を宣言します。

  平成19年3月29日
  津市
 
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved