日本非核宣言自治体協議会  
 
 
宣言文(熊本県/村)
 
 

相良村
非核と平和と緑の村宣言決議

 真の恒久平和は、人類共通の願望である。然るに近年世界に於て軍備の拡張は依然として続けられ、世界平和に深刻な脅威をもたらしていることは、全人類のひとしく憂えるところである。
我が国は、世界唯一の被爆国として、又平和憲法の精神からも再びあの広島、長崎の惨禍を繰返させてはならない。
我が相良村は、日本国憲法に掲げられた恒久平和主義の理念を村民生活の中に生かし、平和で緑豊かな国土を子々孫々まで継承することが真に村を愛し、国を愛するゆえんであると信ずる。
したがって我が相良村は、非核三原則が完全に実施されることを願い、あらゆる国のあらゆる核兵器の廃絶を全世界に向かって訴え、ここに決議する。

  昭和59年12月20日
  相良村議会

山江村
「非核・平和山江村宣言」決議

 世界の恒久平和は、人類共通の願いである。核兵器の廃絶と恒久平和の実現は全国民共通の願いである。
地球上には多くの核兵器が貯えられ人類の生存を脅かしている。
山江村は世界の平和を願う諸国民と共に核兵器廃絶への決意と子供たちの未来を守るために日本国憲法に揚げられた恒久平和の理念と非核三原則を日常の村民生活の中に生かし、ここに「非核・平和山江村」の宣言を行うものである。

以上決議する。

  平成12年6月16日
  山江村議会
 
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved