日本非核宣言自治体協議会  
 
 
宣言文(高知県/市)
 
 

高知市
高知市非核平和都市宣言決議

世界の恒久平和を実現することは、人類共通の願いである。しかるに今、米ソ超核大国による核軍拡競争は拡大均衡をめざすという口実でますます激化し、世界の平和と安全に重大な脅威と危機をもたらしている。
又、この核軍拡と表裏一体となって、地球の環境破壊と第三世界の餓死は現実に加速度を増している。
わが国は、世界唯一の核被爆国として、広島、長崎、ビキニのこの惨禍を決して繰り返させてはならないと訴えるものである。
日本国憲法の精神にもとづく国の平和と安全こそが、地方自治の根本的条件である。私達は、平和を愛し、人類の共存を願う立場から、あらゆる国のあらゆる核兵器の廃絶と、憲法にうたわれている平和的生存権の確立のためここに非核平和都市宣言を行うものである。

1. 高知市はあらゆる国のあらゆる核兵器の廃絶を全世界に強く訴える。
1. 高知市は、「核兵器をつくらず、持たず、持ちこませず」の非核三原則を将来ともに厳守する。
1. 高知市は、高知空襲の記録をはじめ戦争の悲惨さを伝えるなど、平和を守る行政を行う。
以上決議する。
  1984年7月4日
  高知市議会

香美市

香美市「非核、平和都市」宣言
〜核兵器の廃絶と恒久平和を願って〜

私たちの香美市は、豊かで美しい自然に育まれて発展してきました。

今、その恩恵を受けながら生きる者として、このかけがえのない豊かな自然を、平和で美しいままに後世に引き継ぐことは、私たちに課せられた大切な責務であります。

しかし、今もなお、世界では地域紛争やテロの頻発など、人間の生命の尊厳を踏みにじる行為が繰り返される中で、核の小型化や拡散が進み、世界の平和と人類の生存に深刻な脅威をもたらしています。

日本は、世界唯一の核被爆国です。人類を破滅に導く核兵器の廃絶と平和の尊さを訴え、世界の恒久平和の実現を希求することは、すべての市民の願いです。

私たちは、香美市誕生を機に、核兵器の廃絶と平和を願うすべての人々と相携えて行動することを決意し、ここに「非核、平和都市」を宣言します。

以上のとおり、決議する。

平成18年5月25日
香美市

土佐清水市

非核平和都市宣言

世界の恒久平和は、人類共通の願いです。

しかしながら、依然として核軍拡競争が続けられ、世界の平和と安全に重大な脅威と危機をもたらしています。

わが国は、世界唯一の核被爆国として、この地球上に広島・長崎の惨禍を再び繰り返させてはなりません。

土佐清水市民は、日本国憲法の精神に基づく恒久平和を求める立場から、非核三原則が完全に守られることを願い、あらゆる国のあらゆる核兵器の廃絶と軍縮を訴えるものです。

土佐清水市は、ここに平和への誓いを新たにし、非核平和都市を宣言します。

1985年9月28日
土佐清水市

宿毛市

宿毛市非核平和都市宣言決議

世界の恒久平和を実現することは、人類共通の願いである。

しかるに今、米ソ超核大国をはじめ、核保有国による核軍拡競争は拡大均衡をめざすという口実でますます激化し、世界の平和と安全に重大な脅威と危機をもたらしている。

わが国は、世界唯一の核被爆国としてこの地球上に広島、長崎の惨禍を再び繰り返してはならないと訴えるものである。

日本国憲法の精神にもとづく国の平和と安全こそが、地方自治の根本的条件である。私達は、平和を愛し、人類の共存を願う立場から、あらゆる国のあらゆる核兵器の廃絶と、憲法にうたわれている平和的生存権の確立のため、ここに非核平和都市宣言を行うものである。

 記

1、宿毛市は「核兵器をつくらず、持たず、持ち込ませず」の非核三原則を将来ともに厳守する。

1、核兵器の宿毛市への通過、一時持ち込みをさせない。

1、核兵器の完全禁止のため、宿毛市を「非核都市」とし、広く呼びかける。

右決議する。

1985年7月8日
宿毛市議会

南国市

非核平和都市を宣言する決議

私たちの南国市は、豊かな美しい自然に育まれて発展してきました。

今、その恩恵を受けながら生きる者として、このかけがえのない豊かな自然を平和で美しいままに後世に引き継ぐことは、私たちに課せられた大切な責務であります。

しかし、今もなお、世界では地域紛争やテロの頻発など、人間の生命の尊厳を踏みにじる行為が繰り返される中で、核の小型化や拡散が進み、世界の平和と人類の生存に脅威をもたらしています。

日本は、世界唯一の被爆国です。人類破滅に導く核兵器の廃絶と平和の尊さを訴え、世界の恒久平和の実現を希求することは、すべての市民の願いです。

私たちは、市制施行50周年を機に、核兵器の廃絶と平和を願うすべての人々と相携えて行動することを決意し、ここに「非核平和都市」を宣言することを決議します。

平成21年12月16日
南国市議会
 
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved