日本非核宣言自治体協議会  
 
 
宣言文(神奈川県/町)
 
 

大磯町
大磯町核兵器廃絶平和都市宣言に関する決議

わが国は、世界で唯一の核被爆国であり、核兵器の廃絶と世界の恒久平和は、全国民共通の願いである。
しかしながら地球上には、多くの核兵器が貯えられ更に増強の傾向にあり、世界平和と人類の生存に深刻な影響を与えている。
大磯町は、美しい自然と由緒ある歴史、文化に恵まれたこの郷土が永久に栄えることを願い、国際平和の年に当り国是である非核三原則が遵守され、すべての核兵器の廃絶と軍縮を希求し、平和都市となることを宣言する。
以上決議する。

  昭和61年6月12日
  大磯町議会

湯河原町
湯河原町非核兵器宣言に関する決議

核兵器を廃絶し、恒久平和を実現することは、世界唯一の核被爆国日本の国民共通の悲願であり、湯河原町民の心からの願いである。
核兵器の増強による国際緊張の高まりが、世界の平和と人類の生存に脅威を与えつつある今日、私達は核兵器の廃絶と軍縮を世界に訴えざるを得ない。美しい郷土を守り、豊かな暮らしを子や孫に伝えることは、私達の責務である。私達湯河原町民は、国是である「核兵器を持たず、つくらず、持ち込ませず」の非核三原則を町是とすることをここに宣言する。

  1985年9月28日
  湯河原町議会
 
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved