日本非核宣言自治体協議会  
 
 
宣言文(香川県/市)
 
 

高松市
非核平和都市宣言

世界の恒久平和は、人類共通の願望である。
しかるに、米、ソ超核大国を中心とする核軍拡競争はますます激化し、世界の平和と安全に重大な脅威と危機をもたらしている。
われわれは、世界唯一の核被爆国民として、この地球上に広島・長崎の惨禍を再び繰り返してはならないと強く訴える責務がある。
よって、高松市は、平和憲法の精神にのっとり、「非核三原則」を将来ともに遵守するとともに、あらゆる国の、あらゆる核兵器の廃絶と軍備縮小を全世界に強く訴え、もって世界の恒久平和の実現を目指し、ここに高松市議会の総意により「非核平和都市」を宣言する。

  昭和59年12月24日
  高松市議会

丸亀市
丸亀市非核平和都市宣言に関する決議

 世界の恒久平和は、人類共通の願いであり、丸亀市民すべての願いでもある。
 しかしながら、今なお核兵器の脅威を初め、悲惨な争いがあとをたたず、人類の平和と地球環境が脅かされていることは、誠に憂慮にたえない。
 我が国は、世界唯一の被爆国として、今後とも非核三原則「核兵器をつくらず、持たず、持ち込ませず」を堅持し、核兵器の恐ろしさと被爆者の苦しみを全世界の人々に訴え、再び広島、長崎の惨禍を繰り返してはならない。
 丸亀市は、平和を愛し、人類の共存を願う立場から、あらゆる国のあらゆる核兵器の廃絶と核の不拡散を求め、憲法にうたわれている平和的生存権の確立のため、ここに非核平和都市を宣言する。

  平成17年9月1日
  丸亀市
 
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved