日本非核宣言自治体協議会  
 
 
宣言文(石川県/市)
 
 

野々市市
平和都市を宣言する決議

私たちは平和で住みよい郷土づくりに努力しながら、真の恒久平和を願望しております。
しかし、依然として果てしなく続く核軍拡競争が続けられ、これを憂うる声が世界の各地で起こっています。
私たちは世界で唯一の核兵器の恐ろしさを体験し、核兵器が想像を絶する悲惨なものであることをだれよりもよく知っています。したがって、さきの国会で決議された非核三原則を堅持し、戦後の平和について考えるとき、野々市町は「自安和楽」という精神で、先輩諸氏が平和な郷土を築き上げてきた功績を改めてみんなで考えましょう。この町に住むことを誇りとし、限りなく平和で繁栄することを願う町民憲章の理念と日本国憲法の精神に基づいて、核兵器の廃絶と平和を維持するため全町民が一体となり世論を喚起し「平和都市」として宣言をする。

  昭和59年3月19日
  野々市市議会
 
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved