日本非核宣言自治体協議会  
 
 
宣言文(石川県/町)
 
 

志賀町
非核・平和志賀町を宣言する決議

 ふるさとを愛し、平和で住み良い郷土を築き上げていくことは、後世への我々に課せられた大きな使命である。
 しかし、依然として世界には多くの地域で戦争があり、核兵器の拡散についても人類の平和と生存を脅かすものとして憂慮する声が拡がっている。
 我々は世界で唯一、核兵器の恐ろしさを体験した国民であり、核の悲惨さを忘れず、その廃絶を切に願っている。
 人類全ての願いでもある、恒久平和と核兵器の全面禁止・廃絶の実現に向けて努力していかなければならない。
 我々は限りなく平和を求め、国際親善を深めることにより人類の友好と繁栄を築くべく、「非核・平和志賀町」を宣言する。

  平成18年3月17日
  志賀町

内灘町
非核・平和志賀町を宣言する決議

 私たちは、平和で住みよい町づくりに邁進しながら、町民すべてが恒久平和を願望することを確認する。
 しかし、依然として地球上には地域戦争があり、数ヵ国によって5万発を大きく越える核兵器がいまなお保有され、核戦争の危険は決して去っていない。
 私たちは、世界で唯一の核兵器の恐ろしさを体験し、戦争の悲惨さが想像を絶するものであることを、よく知っている。
 私たちは、非核三原則の遵守と核兵器の緊急廃絶を求めるとともに暮らしを守り、平和で繁栄することを願う町民憲章の理念に基づいて、この町に住むことの誇りと、限りない平和を希求する町民として「核兵器廃絶平和都市」を宣言する。
 以上決議する。

  平成4年6月11日
  石川県河北郡内灘町議会
 
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved