日本非核宣言自治体協議会  
 
 

宣言文(茨城県/村)


美浦村

非核平和美浦村宣言

世界の真の平和と安全は全人類共通の願いである。

米ソ両国は核廃絶を求める世界の声に応えて中距離核戦力全廃条約を結び、初の核兵器廃絶という歴史的な第一歩踏み出した。

しかし、依然として宇宙をも巻き込む核軍拡競争と膨大な核兵器は、人類の生存に深刻な脅威を与えている。今や、核戦争阻止と核兵器廃絶は国際共通の現実的緊急課題となっている。世界唯一の被爆国であるわが国が、「ヒロシマ、ナガサキ」の惨禍を再び繰り返さないよう、すみやかな核兵器廃絶を世界に訴えつづけることは厳粛な国民的責務であり、国民的使命である。

よって、美浦村は創造と平和を築く文化のまちとして平和憲法の理念に則り、国是である非核三原則の厳格な遵守、あらゆる国の核兵器完全廃絶、非核の地球を求めると共にこれら目的達成にふさわしい全村民的努力の推進を決議し、ここに美浦村は「非核平和都市」になることを宣言する。

昭和63年6月20日
美浦村・美浦村議会

東海村

/原子力平和利用推進/核兵器廃絶/宣言の村

昭和61年6月26日
制定

世界の平和は全人類の願いであり、原子力の平和利用は人類の生存と繁栄のため更に推進しなければならない。

日本が原子力の平和利用に踏み切り、東海村が原子力関連諸施設の設置を受け入れたのは、原子力基本法の精神を堅持し、平和の目的に限って原子力の研究・開発及び利用を進めるということを確認した上でのことである。しかるに核兵器保有国間の果てしない核軍備拡張競争は、今や人類の脅威であり憂うべき状況である。

このような時にあたり、唯一の核被爆国として全世界に対し、原子力の平和利用と核兵器廃絶の実現に向けて訴え続けることは、東海村に住むわれわれにとって大きな使命である。

よって、東海村民は世界のすべての国に向け、原子力の平和利用推進と核兵器の廃絶をここに宣言する。

昭和61年6月26日
東海村
 
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved