日本非核宣言自治体協議会  
 
 
宣言文(兵庫県/市)
 
 

伊丹市
非核平和都市に関する決議

世界で唯一の被爆国である我が国は、核兵器戦争のもたらす大惨禍を身をもって体験したところであり、世界の恒久平和実現のためにも、核兵器廃絶の願いは切実である。
しかるに米、ソをはじめとする世界情勢を見るとき、核軍備拡大戦争は人類の願いに反し、むしろエスカレートの様相を呈しており、世界人類の生存そのものが、深刻な脅威にさらされていることは、まことに遺憾である。
よって伊丹市議会は、我が国の国是である非核三原則が遵守され、また全世界すべての核兵器が廃絶されることを希求し、ここに非核平和都市たることを宣言する。
以上決議する。

  1985年10月9日
  伊丹市議会

宝塚市
非核平和都市宣言

青くすみきった空、清らかな武庫川の流れ、緑あふれる六甲・長尾の山々……。この素晴らしい自然と明るくおだやかな暮らしは宝塚市民すべての願いです。
 このような私たちの願いに反し、世界では依然として、人類同士の悲しむべき争いが絶えず、しかも地球上の全生命を滅ぼすことのできる核兵器が蓄積されてきました。
 しかし、人類の平和への切実な願いが全世界に高まり、大きなうねりとなって、ようやく戦略核兵器の縮小や、各地域の紛争解決への明るい兆しが見えようとしています。
 私たちは、このようなときにこそ、戦争を、そして核兵器をなくし、世界の恒久平和を強く願わずにはいられません。
 ここに、宝塚市は憲法の平和精神に基づき、恐るべき核兵器の廃絶を願い、永遠の平和社会を築くことを誓い、「非核平和都市」とすることを宣言します。

  1989年3月7日
  宝塚市

加西市
非核平和都市宣言に関する決議

本年は、被爆40周年にあたり、世界で唯一の被爆国国民として、平和と核廃絶の決意を明らかにすべき年である。
 しがしながら、今また宇宙にまで核兵器の脅威が及ぼうとしている。
 加西市議会は、人類共通の念願である真の平和と、国是である非核三原則が遵守されることを希求するとともに、平和を愛する社会をはぐくみ、築くことを誓い、ここに加西市が非核平和都市であることを宣言する。
 以上、決議する。

  昭和60年6月17日
  兵庫県加西市議会
 
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved