日本非核宣言自治体協議会  
 
 
宣言文(福岡県/町)
 
 

篠栗町
決議文〔非核、恒久平和の町宣言に関する決議〕

世界の平和と安全、幸福は人類共通の願いである。しかし、国際的な核軍備拡大競争は依然として激化し核戦争の危険を大きくしている。ひとたび核戦争となれば、人類が願う平和と幸福はもとより、社会の進歩と発展が創出したすべての遺産は、ことごとく破滅することは自明のところである。
我が国は世界唯一の核被爆国として、広島、長崎の惨禍をこの地球上で再び繰り返さないよう、核戦争の阻止、核兵器の即時廃絶を求め、広島、長崎の被爆の実相と被爆者の実情を知らせ、世界各地において非核地帯をつくることに努めるべきである。
ここに篠栗町は我が国の国是である「作らず、持たず、持ち込ませず」の非核三原則が全世界の原則となることを希求するとともに、核戦争に協力する作業を認めず、人類焦眉の事業である恒久平和に寄与すべく、「非核恒久平和の町」を宣言する。
以上、決議する。

  昭和61年3月25日
  篠栗町議会

新宮町
「非核平和都市宣言」に関する決議

世界平和と安全、人類の幸福は、諸国民共通の願いであり、いまや国際的な核軍拡競争の果てしない悪循環は、あらたな核戦争の危険を増大し人類の生存への恐怖となっている。
私たちは、世界唯一の被爆国として、全世界の人々に、非核三原則の堅持とあらゆる核兵器の全面廃絶を訴え、人類の生存、恒久平和にむけて貢献する決意を表明し、ここに非核平和都市を宣言する。
以上のとおり決議する。

  1985年6月22日
  新宮町議会

粕屋町
核兵器廃絶平和都市宣言
1.
わが粕屋町内では、核兵器を生産、貯蔵、配備を認めない。
2.
わが粕屋町内では、いかなる軍事行動・軍事演習もゆるさない。
3.
わが粕屋町内の地上、上空のいずれでも、核兵器及び軍事用途の核物質の通過を認めない。
4.
軍事用途以外の核物質は、議会及び自治体の許可なしには、この区域内を通過させない。
5.
自治体は、いかなる状態においても核戦争に協力する作業を行わない。
6.
この決議を自治体は遵守し、住民への徹底をはかる。
以上のとおり決議する。
  昭和60年3月20日
  粕屋町議会

桂川町
非核、恒久平和都市宣言

世界平和と安全、人類の幸福は、諸国民共通の願いであり、いま国際的な核軍拡競争の果てしない悪循環は、あらたな核戦争の危険を増大し、人類の生存への恐怖となっている。
私たちは、世界唯一の被爆国として、全世界の人々に、非核三原則の堅持とあらゆる核兵器の全面廃絶を訴え、人類の生存、恒久平和にむけて貢献する決意を表明し、ここに非核、恒久平和都市を宣言する。

1.
この区域内では、核兵器を生産、貯蔵、配備を認めない。
2.
この区域内では、いかなる軍事行動、軍事演習も許さない。
3.
この区域内の地上、上空、港湾および海浜のいずれでも、核兵器および軍事用途の核物質の通過を認めない。
4.
軍事用途以外の核物質は、議会および自治体の許可なしには、この区域内を通過させない。
5.
自治体は、いかなる状態においても核戦争に協力する作業を行わない。
6.
この決議を自治体は遵守し、住民への徹底をはかる。
  1983年12月16日
  桂川町議会

大木町
非核、恒久平和都市宣言に関する決議

世界平和と安全、人類の幸福は、諸国民共通の願いであり、いま国際的な核軍拡競争の果てしない悪循環は、あらたな核戦争の危険を増大し人類の生存への恐怖となっている。
 私たちは、世界唯一の被爆国として、全世界の人々に、非核三原則の堅持とあらゆる核兵器の全面廃絶を訴え、人類の生存、恒久平和にむけて貢献する決意を表明し、ここに非核、恒久平和都市を宣言する。

1.
この区域内では、核兵器を生産、貯蔵、配備を認めない。
2.
この区域内では、いかなる軍事行動、軍事演習も許さない。
3.
この区域内の地上、上空、港湾および海浜のいずれでも、核兵器および軍事用途の核物質の通過を認めない。
4.
軍事用途以外の核物質は、議会および自治体の許可なしには、この区域内を通過させない。
5.
自治体は、いかなる状態においても核戦争に協力する作業を行わない。
6.
この決議を自治体は遵守し、住民への徹底をはかる。
  1984年6月28日
  大木町議会

苅田町
核兵器廃絶平和都市宣言

1986年の国際平和年にあたり、国民共通の願いである世界の恒久平和と人類永遠の繁栄を保障するため、核兵器を廃絶し、武力国家の対立を解消して、英知と友愛に基づいて新しい秩序の実現を強く希求する。
我国は、人類最初の原爆被災国として、また、戦争放棄を憲法に明記した国として、提唱しうる最適の立場にあることを確信し、ここに決意を新たにして、すべての町民とともに、苅田町を「核兵器廃絶平和都市」とすることを宣言する。

  昭和61年3月7日
  苅田町

川崎町
「非核平和町宣言」に関する決議

 恒久の平和と安全は、人類共通の念願であり、この至高の目標の達成なくして川崎町が目指している文化的で住みよい郷土発展の実現はあり得ない。
 われわれは、命の尊厳を深く認識し、核兵器を「作らず、持たず、持ち込ませず」の非核三原則の完全実施を願い、また核兵器の廃絶を強く全世界の人々に訴えるとともに、人類普遍の大義に向かって不断の努力を続けることが肝要である。
 よって、川崎町は町制施行45周年を迎えるに際し、平和への誓いを新たに決意し、ここに「非核平和」を宣言する。
 以上決議する。

  1983年12月22日
  川崎町議会

糸田町
非核自治体宣言に関する決議

 世界の平和と安全は人類共通の願いである。いま、核軍備拡大競争は依然として続けられ、人類の最大の恐怖となっている。
 わが国は世界唯一の被爆国として、全世界の人々に非核三原則の堅持とあらゆる核兵器の廃絶を訴え、人類の恒久平和にむけて貢献する決意を表明し、ここに非核自治体を宣言する。
 


 1、区域内では、核兵器の搬入、通過、滞留を認めない。
 2、自治体は、非核三原則を遵守し、いかなる状態においても核戦争に協力する作業を行なはない。
 右決議する。

  1984年9月22日
  糸田町議会

赤村
「非核自治体宣言」に関する決議

 核兵器の廃絶と平和への願いは、今や全世界の人々の声となっています。
 私達は、これ以上一人の被爆者もつくり出さないために、人類を一瞬にして滅ぼす核兵器の廃絶を求めます。
 私達の、そして子どもたちの平和な未来のために、私達の住んでいるこの村を核兵器の恐ろしい被害から守り、被爆や核攻撃の危険から住民を守るために核兵器を、「作らず、持たず、持ち込ませず」を表明し、「非核自治体宣言」を決議します。

  1984年3月16日
  赤村議会

須恵町
「非核都市宣言」に関する決議

 世界平和と人類の幸福は、諸国民共通の願いである。私たちは、これ以上の被爆者をつくりださないために、非核三原則を完全に守るとともに全世界の人々に核兵器の恐しさと核兵器廃絶を訴え続けなければならない。
  須恵町議会は、人類の生存と恒久平和にむけて貢献することを誓い、ここに「非核都市宣言」を決議する。

  昭和60年7月4日
  須恵町議会
 
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved