日本非核宣言自治体協議会  
 
 
宣言文(群馬県/市)
 
 

前橋市
平和都市宣言

 私たち前橋市民は、ふるさと前橋を愛し、豊かな水と緑に恵まれた自然を守り、平和なまちづくりをめざしています。
 しかし、世界の平和と安全にとって、核兵器の存在は大きな脅威をもたらしています。この核兵器の速やかな廃絶は人類共通の願いです。
 私たちは、平和を希求する市民総意のもとに、真の永久平和が実現することを願い、ここに「平和都市」を宣言します。

  1989年3月27日
  前橋市議会

高崎市
核兵器廃絶平和都市宣言

私たち高崎市民は、ふるさと高崎を愛し、しあわせがみんなに広がるまちづくりを、未来への道しるべとしています。
しかし、いま私たちの生活に大きな暗い影をおとしているものがあります。それは人類を滅亡におとしいれる核兵器です。この核兵器の廃絶こそ、私たち高崎市民の願いです。
私たちは、平和を愛するすべての国の人々とともに、真の永久平和を実現することを決意し、ここに「核兵器廃絶平和都市」を宣言します。

  1986年3月5日
  高崎市

桐生市
非核平和都市宣言に関する決議

核戦争の不安をとり除き世界の平和と安全を確立することは、人類共通の念願である。
しかるに、今なお世界各地で武力紛争や戦争が絶え間なく続いており、しかも、これらに用いられる兵器は、ますます強力化、高度化し、核軍備の拡大が進み、人類は深刻な脅威にさらされている。
我が国は、世界唯一の核被爆国として、また、平和憲法の精神からも再び広島、長崎の惨禍を繰り返させてはならない。
桐生市議会は、すべての国の核兵器に反対し、その速やかな廃絶を求め、非核三原則を堅持し、人類の平和のため努力することを決意し、非核平和都市を宣言する。

  1985年9月18日
  桐生市議会

沼田市
非核平和都市宣言に関する決議

 私たち沼田市民は、何よりも大切な平和を守り、人間性豊かなまちづくりを目指しています。
 しかし、今もなお核兵器は、私たちにとって深刻な脅威となっています。
 私たちは、すべての核兵器の速やかな廃絶を求め、真の永久平和が実現することを願い、ここに「核兵器廃絶平和都市」を宣言します。

  1986年3月20日
  沼田市

渋川市
核兵器廃絶平和都市宣言

 私たち渋川市民は、永遠の平和と安全で安心な、心豊かな生活を次の世代に引き継ぐことを願っています。
 私たちは、平和憲法の下、非核三原則を堅持し、全世界からの核兵器の廃絶と真の世界平和を強く希求するため、ここに「核兵器廃絶平和都市」を宣言します。

  平成18年9月27日
  渋川市
 
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved