日本非核宣言自治体協議会  
 
 

宣言文(愛知県/市)


半田市

原水爆実験禁止並びに核兵器持込み反対核非武装宣言に関する決議

人類はいま多くの科学者も指摘する如く、核実験と核兵器武装による原爆死か、実験禁止協定と平和共存による繁栄かというひとつの岐路に立っています。

本議会は平和を愛する七万市民の世論に応え昨年3月20日の本会議で原水爆実験の即時中止に関する決議を行い、政府国会にその意志を厳粛に通告するとともに原水爆禁止第3回世界大会に2名の市民代表を派遣しました。

日本政府は国民世論に応えその後も核兵器実験を続けようとしている米、英、ソ三国に対して再々もの中止を要求してきましたが今日まで要求実現の段階に至っておりません。その上世界の緊迫した情勢は実験段階から核兵器による武装化の方向がとられております。

日本政府は「核兵器持込みには同意しない」「武装はしない」と言明していますが、日本の現在おかれている立場は決して生易しいものではなくそれ故単なる意志表明だけでは日本国民は安心することはできません。

具体的保障をうちたてる措置を急がねばなりません。いまこそ日本が核武装をしないという決意をすべての議会で全世界に宣言し、この堅い全国民の意志を背景に日本政府が関係諸国と約束をとりつける必要があります。

本議会は人類の生存をおびやかす実験を止めさせ、核兵器持込を許さぬため七万市民の期待に応え次の各項を厳粛に確認し決議とする。

(一) 政府は次のことを速やかに実現するため努力すること。
(イ) 米、英両国に原水爆の実験を即時全面的に停止し、東西首脳会議を開いて実験禁止協定が速やかに結ばれるよう努力すること。
(ロ) 日本本土、沖縄への核兵器の持込をさせないよう速やかに米国と協定を結ぶこと。
(ハ) 日本の「核非武装宣言」を行い、自衛隊の核兵器武装化を行わないことを世界に宣言すること。
(二) 本会議では
(イ) 8月東京で開かれる原水爆禁止第4回世界大会を支持し代表を送る。
(ロ) 核兵器実験を続ける国々に即時実験禁止を要請する。
(ハ) 本市は永久に核兵器による武装化がなされないことを保障し半田市の「核非武装宣言」を行う。
昭和33年6月6日
半田市

稲沢市

稲沢市非核・平和都市宣言

核兵器全面禁止は、全人類の死活にかかわるもっとも重要かつ緊急の課題であり、世界の恒久平和は人類共通の願望である。唯一の被爆国として、日本国憲法に掲げられた平和主義の理念を市民生活の中に生かすことが、地方自治の基本条件の一つであると強く認識して非核三原則を遵守し、平和行政に力を尽くすとともに、核廃絶と人類永遠の平和のため努力することを決意し「非核・平和都市」を宣言する。

平成17年6月20日
愛知県稲沢市

日進市

日進市非核平和都市宣言

世界の恒久平和は、全人類共通の願いであります。

現代の国際化社会における世界平和は、全人類が共存していくための努力を行うこと無くしては、成り立ちません。

しかし、現在この地球上には膨大な核兵器が存在し、人類の生存に脅威と不安をあたえつづけています。

こうしたなか私達は、世界で唯一の被爆国の一員として、核兵器の廃絶と戦争のない社会を訴え、平和なまちの実現をめざしていかなければなりません。

ここに日進市は、平和への願いをあらたにするとともに、「非核平和都市」を宣言します。

平成7年12月22日
日進市

愛西市

愛西市非核・平和都市宣言

世界の恒久平和は人類共通の念願であり、核兵器の廃絶は生きとし生けるものの死活にかかわる最も重要かつ緊急の課題となっている。

我が国は、世界最初で唯一の被爆国であり、核兵器の恐ろしさや被爆者の今なお続く苦しみを声を大にして全世界の人々に強く訴え、二度とあの惨禍を繰り返させてはならない。

愛西市は、非核三原則を遵守し、核兵器の廃絶と人類の恒久平和のために努力することを決意し、ここに議会の議決をもって「非核・平和都市」を宣言する。

ここに愛西市は、平和への願いをあらたにするとともに、「非核平和都市」を宣言します。

平成17年9月9日
愛西市

北名古屋市

平和都市宣言

世界の恒久平和は、人類共通の願いです。

国際社会における世界平和は、全人類が共存していくための不断の努力を傾注することが、私たちに課せられた責務であります。

しかし、現在この地球上には膨大な核兵器が存在し、人類の生存に大きな脅威と不安をもたらしています。

こうしたなか私たちは、世界で唯一の被爆国の国民として、核兵器の廃絶と戦争のない社会を訴え、平和な心と平和なまちの実現をめざしていかなければなりません。

ここに北名古屋市は、平和の願いを新たにするとともに、「平和都市」を宣言します。

平成18年9月26日
北名古屋市

犬山市

平和都市宣言

戦争のない世界、原水爆のない世界は全人類の悲願である。

しかし現実は、世界の各地で武力紛争がたえまなく続き、また、多くの核兵器が蓄えられるなど依然として人類の生存は脅かされている。

ここに、平和を希求する犬山市は、核被爆国としての認識のもとに、世界の人びとと手を携え、人類の平和を願い、非戦・核兵器廃絶のため全力を尽くすことを誓い「平和都市」を宣言する。

1985年9月11日
犬山市
 
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved