日本非核宣言自治体協議会  
 
 
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核実験に関する日本政府への要請について
 
   北朝鮮の核実験への対応について、日本政府へ要請文を送付しました。  
     
 
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核実験への対応について(要請)
2013年2月12日
内閣総理大臣
 安倍 晋三 様
日本非核宣言自治体協議会会長
長崎市長 田上 富久
 
 2月12日、北朝鮮が3回目の地下核実験を実施しました。
 国連安全保障理事会決議に違反し、北朝鮮が核実験を強行したことは、人類の生存を脅かし、世界中の人々を不安に陥れる暴挙であり、断じて許しがたく、激しい憤りを覚えます。
 日本非核宣言自治体協議会では、北朝鮮が「核兵器のない世界」の実現に向けた国際社会における核軍縮・不拡散の取り組みに従い、今後一切の核実験を中止するとともに、保有するすべての核兵器を廃棄し、「北東アジア非核兵器地帯」の創設に向け取り組むよう強く要請する抗議文を、北朝鮮政府に対して送付いたしました。
 日本政府におかれましては、今後とも国連ほか関係諸国との連携を図りながら厳正に対応していただきますよう、日本非核宣言自治体協議会を代表してここに要請いたします。
 
 
     
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved